ハニカム構造のケースを使ってiPhoneを守る

iPhoneは精密機器ですから、衝撃や水には弱い性質を持っています。



壊れてしまうと修理代がかかってしまいますから、なるべく普段から使い方に気を使っていかなくてはいけません。しかし、普段から細心の注意を払っていても、予測不能なアクシデントもつきものです。
いつ衝撃にiPhoneが晒されてしまっても問題ないように、衝撃に強いケースで保護していかないといけません。
スマートフォン用のケースには、ハニカム構造と呼ばれるタイプのケースが存在しています。
まるで蜂の巣のような六角形が一面に敷き詰められたようなデザインになっているのですが、このハニカム構造のシリコンケースには、衝撃を吸収する効果があります。ハニカム構造のケースは、iPhone用のものも出ていますから、これを使うようにすることで、手持ちのiPhoneを故障しにくくすることに繋がります。

朝日新聞デジタルの正しい情報を手に入れましょう。

ハニカム構造のケースの外見は帰幾何学的でスタイリッシュではあるものの、好みが分かれるタイプでもあります。



しかし、六角形が並んでいる面は本体に直接接触する部分になっていますから、外から見ると普通のケースと外見は何ら変わりません。


外見はスリムですし、重さもありませんが、キズやダメージから手軽に守ることができますから、普段からiPhoneを落としてしまったりすることが多い人は、一個くらいハニカム構造のケースを持っておくといいでしょう。

カメラなどはそのまま使えます。